医療レーザー脱毛のメリット

Page

医療レーザー脱毛のメリットを説明するにあたり、まずレーザー脱毛の仕組みを説明します。

レーザー脱毛は、成長期にある毛の根元にある毛乳頭にレーザーで熱を与え組織を破壊することで毛をなくしていくものです。
使用するレーザーは黒いものに反応する波長のものです。

医療機関で使用できるレーザー機器は、エステサロンで使用が許可されているものとは全く別のものです。
資格をもっている医師または医師の管理下にいる看護師のみが照射を許されています。
出力が幅広く選択できる為脱毛以外の事、病気の治療につかわれることもあります。
そのためエステサロンでは出せない出力で脱毛を行える為1回の照射毎に脱毛効果がしっかり現れます。
そもそもエステサロンでは毛乳頭の破壊をすることは禁止されており違法であるため、光による脱毛と謳われていますが使われている機械の出力は医療用レーザー機より弱いものとなっているのでしょう。

医療用レーザー機器のひとつは冷却機能が付属されていて、肌に触れる機器の先端を氷点下まで冷やしながらレーザーの照射をします。
その為やけどのリスクが下げられ、高出力にしても肌への刺激を少なく照射できる為、脱毛後期に毛量が少なく毛が細くなってきたときにも脱毛できます。
医療レーザー脱毛の一番の利点です。

レーザー照射の回数は部位にもよりますが3回から6回でほとんど目立たなくなります。
レーザー照射時に成長期にある毛で、照射するレーザーの出力に反応すればその毛の根元にある毛乳頭は破壊される為その毛穴から毛が生えてくることはなくなります。
ですが照射時に成長期にある毛は毛の総量のだいたい2、3割といわれています。
レーザー照射時に休止期にある毛穴にはレーザーが反応する黒い毛がないため脱毛効果がありません。
その為、毛のサイクルに合わせて複数回のレーザー照射を行う必要があるのです。
何度か照射を受けると毛量は少なく毛は細くなってきます。そこで医療レーザー脱毛の強みである高出力でのレーザー照射が効果を出します。
高出力といっても黒いものに反応するので肌には負担はありません。
脱毛後期には効率的に脱毛を行うためにできる限り毛を生えそろわせて一気に脱毛するのがいいといわれています。

ほかの利点としては、肌にトラブルがある場合でも医師による診察を受けることが出来る為安心して照射を受けられます。
照射後のトラブルに関してもアフターケアとして医師がついていることで必要な時に薬の処方も受けられる為とても安心感があります。

特にVIO脱毛をする場合なんかは、レーザー脱毛のほうが良いと思います。